職人(匠)へのインタビュー

ココマイスターが日本の文化を伝えるというミッションのもと、動き始めたのが2010年。

 

我々は、そのミッションに参加すべく、ココマイスターの製品を1つ1つ手作りで縫製しています。

 

日本の製造業を豊かにしたいと考える気持ちは同じで、安売りをしない”本物の質”で勝負するココマイスターのスタイルに共感しています。

 

■Meister 酒井 勝氏 (サカイ マサル)

年齢       :71歳
職人歴     :50年
製作時のポイント :買うお客様の気持ちになって一点一点扱う
革に対する思い :革は自分のいのちと同じ
今後の目標   :後輩をしっかり育てて一人前に活躍してほしい
趣味       :じっとしていることが大っ嫌いなので
とにかく体を動かすことが好き

 

≪INTERVIEW – インタビュー≫

最高の技術を持ってお客様の為に1点1点丁寧に縫製する。
機械じゃなく手作りで作るからこそ生きるのが革製品だと思う。
部位により質感が異なり、張力も異なる。
機械はこれらを無視して製品化するため、長年の使用に耐えることはできない。
運が悪ければ、3カ月で壊れてしまう。
私の作る製品は50年の技術によって培われた、一生涯使える製品なのである。
ココマイスターの製品を購入するということは、
手作りにしか出来ない良さを知ることになるだろう。

return top